ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

1日1分、経絡やツボをさわって流して未病予防

皆さん、お元気さまです。東洋医学普及活動家の羅予澤(らよたく)です。

私が日々勉強している東洋医学の観点では、心とカラダに影響を及ぼす一つの要素として「経絡」や「ツボ」があります。

これから皆さんに、1分で読めて、1分セルフケアするだけで、ご自身の健康への気づきが得られ、簡単に未病予防ができる対処法をお伝えしていきます。

【顔の歪み その1:四法診一骨格診】

耳は、頭蓋骨の歪み(顔の歪み)をチェックする重要なポイントです。

正面から両方の耳たぶの高さをチェックしましょう。

 

左右の耳たぶに高低差がある場合、低い方の首の周りの筋肉、つまり頸椎の周り筋肉が緊張し、頭蓋骨の歪みがある可能性が高いです。

頸椎(けいつい)周りの筋肉が損傷して縮んでしまうことで、片側の側頭骨や後頭骨を強く引っ張るため、耳たぶ低い側の首こりや肩こりが多発しやすくなります。

また首こりの方には、緊張をほぐすため、凝っている首を傾げて強く引っ張る癖があります。

この動作は、縮んでいる筋肉をさらに緊張させ損傷する恐れがありますので、首や肩のコリがひどくなります。

肩こりや首のこりを緩和し、頸椎から背中にかけてほぐすには、ヨガのポーズでいうと「わしのポーズ」、「立位の開脚前屈ポーズ」、「牛の顔のポーズ」が効果的です。

【ヨガポーズ解説】 全身のむくみも解消できる「わしのポーズ」

1日1分から、はじめてみてくださいね。

皆様の未病予防と健康増進に役立てば幸いです。

次回もどうぞお楽しみに♪

1分でできる!首&肩をリフレッシュ♪肩こりに効果的なヨガポーズ

カラダが変わり、気持ちスッキリ!5分ヨガ動画【3選】

PR

■東洋医学普及活動家・
羅予澤が技術監督■
経絡養生師による未病予防なら
専用サロン 未病のキセキ(気施技)

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人