ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

編集部の見えない部分を見に行こう!月のうら側

皆さん、こんにちは。

ご無沙汰しております。YogaFull編集部、編集長の満月です。
いつもYogaFullをお読みいただき、ありがとうございます。

新しい生活習慣を取り入れながら、気持ちを切り替えて始まった2021年も、残すところあと2ヶ月になりました。皆さんは、いかがお過ごしでしたでしょうか。

2020年に引き続き、2021年もいろんなことがありましたね。
年の瀬が近くなり少し振り返りをしたくなり、私の話にちょっとお付き合いください。

世間中の環境の変化に心が揺れ、カラダのメンテナンスが必要な年になりました。

ヨガの教えにもあるように、いくつかの「苦悩の正体」と向き合い、当たり前のようにあった生活が、どれだけかけがえのない物で、心とカラダが健やかであることのありがたさを強く感じた出来事もありました。

YogaFullを読んでいただいている皆さんにヨガ瞑想の記事やShanti Wordをお届けと発信をしているのですが、私自身が気づきや勇気をもらっていました。

【連載】ヨーガスートラ:ヤマの5つの教え「アヒンサー/アヒムサ―」とは?

ここ数年と言えば、
街やオフィスからは人がいなくなり

人が集まる場所への移動や旅行も控え

リモートでの仕事や
授業、会議も、打ち合わせもオンラインも当たり前になって

美術館や各種イベントは予約制になり
声を発するライブやイベントは延期やオンラインへ

いろんな制限がかかるこのご時世。

受け入れるしかないのですが、私の中で一番の大きなインパクトがあったのは、直接人と会い、その時間を同じ場所で共有し合うことが「できない」ことでした。

「できない」時代から「こうしたらできる」時代へ

旅行はもちろん、友人や家族、同僚、大切な人たちと会うことすら「しないでね」と言われる日が来るなんて、誰が想像していたでしょうか。

「できない」環境がいきなり届いた2020年を経験した私たちは、2021年は「こうしたらできる」という環境を、現代のテクノロジーを駆使し、アイディアを出し合い、試行錯誤しながら作り上げてきた気がしています。

特に、飛躍的に進化したと思うのは、さまざまなサービスが動画配信を始めたことです。

今ではヨガのレッスンも、オンラインで受けられるのが当たり前になりました。

その場だから体感できる良さは確かにあると思うのですが、リアルタイムであってもそうでなくても、画面越しに行きたかった場所やその世界を体験できるチャンスが増えたのは、すごく良かったなと。

ヨガのレッスンもそうですが、例えばアーティストのライブなどは、その会場に行かないと体験できなかったことでした。今では同じ時間にオンラインでライブに参加できるようになりました。

距離や時間もそうですが、ライフステージや生活環境の変化で、行きたくても行けない人たちが、動画配信のおかげで、家にいながらもその空間を味わえるのは、とても素晴らしいことだと感じています。

え!まさか。画面から届いた「瞑想しておいてください」の声

私も皆さんと同じように、おうち時間を楽しむべく、動画配信やライブ映像も活用していました。

そんなある日のこと、2020年にデビューしたアーティストのライブを、動画配信サービスで見ていた時のことです。

「この世には疲れることか、窮屈なこともあるけど、休んでいいんだよ。たまには、目を閉じて、自然を感じて、でっかいもんとつながる時間をもってください・・・。瞑想しておいてください♪」と。

ピアノで弾き語りを歌うその彼の口から、日本語と英語を交えてハッキリと「瞑想/Meditation」という言葉が!

再生時間を戻し、何度も確かめる私。
この動画を見ている世界中の人に向かって「瞑想しておいてください」って!?

なんてことでしょう。瞑想しよう!って。

私が愛用している、瞑想アプリMEISOONができたのは5年前のこと。

ここ数年、生活習慣が大きく激変したことで、改めてメンタルヘルスの観点から、ヨガ瞑想が再注目を浴びてはじめたというのに、このアーティストから「瞑想しておいてください」と、画面越しに呼びかけられる日が来るとは。

夢に見たことも、想像したこともありませんでした。

彼が配信している動画をいろいろ見てみると、毎朝「瞑想」をしていると語り、安楽座で瞑想をしているシーンからはじまるミュージックビデオもありました。

老若男女問わず幅広い世代から支持されて世界的なミュージシャンである彼にとって、瞑想は生活の一部になっているんだと実感しました。

いつも呼びかける側にいる私ですが、「瞑想しててください」と呼びかけてもらえたこと、世界に向けて発信してくれたことに、心から感謝なのです。ありがとう。

今を積み重ね、どんな時代も変わり続けるのが、私たち

世の中が大きく変わりゆく中で、ヨガ瞑想の世界もまた一歩大きく変化したなと肌で感じた出来事でした。

私たちは過去に戻ることも、未来に行くことも現時点ではできなく、今この一瞬一瞬を積み重ねて、過去や未来を作り上げていく存在です。

その今を大切に。

そして今の感覚が「心地よいもの」であれば、過去の記憶も心地よいものに変化し、未来もまたきっと心地よいものになっていくと、私はそう信じていてます。

その手助けしてくれるツールのひとつとしてヨガ瞑想が役立つと心から思っています。

2022年という年が、まだ想像もつきませんが、どんな世の中の流れがやってこようとも、毎日を大切に。
心とカラダが健やかでありながら、柔軟に変化していけるように。

これからもいろんなヨガ情報をYogaFullからお届けし、「ヨガや瞑想しよう♪」と呼びかけてまいります。

PR】誰でも簡単に瞑想ができる瞑想アプリなら「MEISOON」

瞑想アプリMEISOONでは、日々の瞑想を記録しておくレコーディング機能がついているほか、無料でできるガイド付瞑想も用意しています。

無料ダウンロードして、今すぐ瞑想をはじめてみましょう。

■瞑想アプリMEISOONを今すぐダウンロード(無料)
iPhone MEISOONアプリの無料ダウンロードはこちら
AndroidMEISOONアプリの無料ダウンロードはこちら

提供元:ホットヨガスタジオLAVA 瞑想アプリMEISOON

【募集】2021年あなたの記憶や心に残った「言葉」をShantiWordに投稿しよう

通勤時間が『ゆとり時間』に!簡単に瞑想ができるマインドフルネスアプリとは!

この記事を書いた人