ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

過酷な暑さと湿気でとにかくカラダが重だるいこの時期は、食欲もなくなり体力も落ちて、ついつい夏バテになりがち……。そこで今回は、猛暑でも元気なヨガインストラクターの皆さんに「夏バテ予防の秘訣」を聞いたところ、夏バテしない人には共通の“ある秘訣”がありました。

そこで今回は、ヨガインストラクターの皆さんが日頃から取り入れている、「5つの夏バテ対策」をご紹介します。

夏バテ対策1:夏こそ「カラダを中から温める」が常識

− ヨガインストラクターの皆さんからの夏バテ防止の心得・習慣

・「夏は積極的に、白湯を飲むようにしています」
・「常温以下の冷たい物は飲み食いしません」
・「飲食物は、内臓が冷えないよう、できるだけ温かい物をとるようにする。サラダなどは冷蔵庫には入れず常温の物を食べます」
・「どんなに暑い日でも湯船に浸かって汗をかくようにしています」
・「できるだけ仕事前や一日の始まりに、半身浴などで汗をかいて体温調整しやすい体質に整えるようにしています」

夏バテ防止対策を聞いた中で、最も多かったのが、意識して「カラダの中から温める」という対策。

暑さや湿気から夏はどうしてもカラダを冷やすモノ、コトに意識が向きがちですが、そうしたことを繰り返すことで、実はカラダの中は想像以上に冷えているということを夏バテ知らずの皆さんはご存知のよう。

特に飲み物に関しては、ほとんどの人が冷たい飲み物は避け、温かい飲み物を積極的に摂取しているのが印象的でした。もう一つは、毎晩バスタブに必ず浸かる、というのも欠かせない習慣のようです。

カラダの中が冷えると、内臓機能が弱まり、消化機能や食欲が低下することで、カラダが一気にズーンと重だるくなります。

血流も悪くなるため、逆に手足が必要以上に熱くなってしまう場合も。そういったことから、暑い時こそ中から積極的にカラダを温めることが必要に。また、夏は湿気や水分の摂り過ぎから、むくみやすいのもカラダがだるくなる原因の一つ。

バスタイムにカラダを温めながら、しっかり汗をかくこともポイントです。

白湯もおススメ♪ウィルス対策に適度な湿度はキープしよう

夏バテ対策2:エアコンは28度前後に設定。とにかく冷やさない!

− ヨガインストラクターの皆さんからの夏バテ防止の心得・習慣

・「もともと夏は扇風機のみ! 彼氏が出来てからクーラー生活になりましたが、寝る時はクーラーをつけないようにしています。腹巻も体調によって活用しています」
・「エアコンは常に27度に設定し、2時間で切れるようにタイマーをつけています」
・「夜間はクーラーの温度を高めに設定し、扇風機と併用。暑くて目が覚めないよう、冷却グッズを使用したり、涼しく眠れるような寝具にこだわっています」
・「冷房の効いた室内にいると末端から冷えてくるので、靴下を履いています」
・「エアコンでカラダが冷えすぎないよう、外出時は羽織るものやストールなどを常に持ち歩くのが習慣」

次に多かった夏バテ対策が、エアコンに関するもの。

自宅では、冷房を全く使用しない人もいましたが、扇風機を上手く活用したり、冷房も温度を27~28度など高めに設定するなど、カラダを冷やしすぎないよう工夫して利用している人が多いようです。

また、外出先の屋内では羽織ものや靴下を履くなどして、エアコンによる冷え対策を行なっていました。

隠れ冷え症の予防に最適。その場でできる「かんたん温活」

夏バテ対策3:いつもより意識して「休息」を確保する

− ヨガインストラクターの皆さんからの夏バテ防止の心得・習慣 −

・「良く寝る。とにかく寝る! 予定を詰め込みすぎないようにもしている」
・「最低7時間は睡眠を取ります。夏の間は特に疲れやすいので、意識的に睡眠時間の確保には気を遣っています」
・「夏はイベントがたくさんあって遊びすぎてしまいがちなので、予定をあまり詰め込み過ぎず、適度に休息する日を作る」
・「自宅のルーフバルコニーで親しい人とBBQやビアガーデン風にして食事を楽しんだり、とゆったりと過ごせる時間を意識して作るようにしています。夏は毎年すごく忙しいのですが、こういったOFFの時間が活力に」

意外と見落としがちなのが、休息・休養の確保。

猛暑中は、移動するだけでもかなりの体力を消耗するので、いつもより睡眠をしっかり取り、スケジュールに余裕を持たせるのもポイントのようです。

1回20分で快眠・疲労回復に。寝ながらできる瞑想「ヨガニードラ」

いかがでしたか?

今日から取り入れられそうなアイディアがいっぱいですね♪

次回は、これは必見♪ヨガインストラクターに聞いた「5つの夏バテ対策」-その2にて、「夏バテ対策4・5」をお届けします。

お楽しみに!

PR

植物由来・無添加・
オーガニック生活をはじめるなら
ヨガする人のための Yoganic Life ヨーガニックライフ

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人