ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

心とカラダの巡りを整える 羅さんの未病予防ってなぁに?

~腎が弱いと、夕方むくみやすくなる~

消化の一連のプロセスは、まずは食べ物を口で咀嚼し、ドロドロの状態にして胃に運ばれます。

次に腸へと運ばれ、ここで「化ける」ための作業が行われます。腸へ運ばれた食べ物が「化ける」ために必要なものはです。

消化の役割や仕組みについては、前回でもご紹介しているので合わせてお読みください。

消化の役割について。「消」と「化」はどう違う?

例えば、ご飯を炊く時の事を思い浮かべてください。
お米を洗米し、鍋に入れて加熱します。

そして加熱された水が水蒸気として蒸発し、この水蒸気によりご飯が炊き上がります。

カラダに入ってきた食べ物も同じプロセスで「化ける」のです。

そのままの状態ではなく、カラダに吸収するためには「胃」と「腸」の中での加熱の工程が必要不可欠となります。

この加熱の工程で必要なのは、体内の水を水蒸気に変えることです。

食べ物の中の水分を加熱し、水蒸気に変え、その水蒸気で体全体を潤す脾の働きを高めます。朝食時に、冷蔵庫から出したての冷えた果物を一緒に食べるようなことは、消化活動の一連のプロセスを阻害します。

食べ物をこれから加熱しようとしている時に、冷たい物を入れてしまっては、熱が奪われ不足してしまいます。

すると、水が水蒸気になりませんので液体状の水が体内に溜まります。

東洋医学の観点でみる!カラダ潤う最適な「朝ごはん」とは?

その後、カラダに入ってきた食べ物は分解され、様々な栄養素として全身に蓄積されます。水を処理するのは、17~19時の腎の経絡にエネルギーが集中する時間です。

そのため、脾の機能が弱まり液体状の水が体内に溜まっていると、水を処理する腎の機能が低下してしまい、17-19時の夕方にむくみが出るのです。

~腎の気が弱いと、ここが痛い~

腎気の通り道である腎の経絡は、足の小指から、脚の内側の後ろを通り、生殖器を絡んで、腰(お臍の真後ろ)を潜り、喉や耳に達します。

腎気が弱いと、足の内側が痛く、むくみ、不妊、腰痛、ギックリ腰、呼吸が浅い、耳鳴り、眩暈、聴力の低下、声が出なくなるなど、様々な症状が現れます。

ご自分で確認するには、内踝の下と後ろ、アキレス腱との間に沿って、足の内側の後ろ部分を親指で押してみてください。

痛いところが複数見つかると思います。

ここで、日常生活の中で、腎の気を強くする方法をいくつかご紹介します。

【腎経のツボ押し ― 太谿&復溜】

1.「太谿」は内踝の後ろにあります。
このツボは腎経の原穴で、腎の気を調節するには最適です。

2.「復溜」は太谿の上2寸(約4cm)のところにあります。
このツボは、腎経の母穴で、腎の気を補うには、一番重要です。

▼両ツボの位置についてこちらのサイトでご参考ください。
東洋医学公益講座 第79回 腎経 湧泉~交信

【爪先立ち体操】

詳細については、こちらの動画でご確認ください。

 

この体操をする時に、腎の気を強め効果をあげるコツが3つあります。

1.深呼吸に合わせて行う。
2.小指側を意識する。
3.できるだけ、ゆっくり踵を挙げる。

【日光浴】
腎の気を凝縮して表してるのは骨です。腎が弱い人は、歯がもろく、骨粗鬆症のリスクが高くなります。

骨の健康にかかわるビタミンDは日光浴によって合成されます。
そのため、腎の気が弱い人にとって、日光浴はとてもありがたいです。

なにより、タダです!紫外線対策を行いつつ、太陽の光をいっぱい感じましょう。

紫外線対策はお早めに!美しく若々しい肌を手に入れる簡単ケア!

おやつに最適!【九制珠(きゅうせいしゅ)】が強い味方♪

日光浴すらする時間のない方に、ぜひ試していただきたいものの一つ、黒ごま、はちみつのみを使用した、完全無添加栄養食未病のキセキの健康食品「九制珠」です。

【商品名】九制珠
【販売元】Lapre(LAVA オンラインストア)

9回天日干し、9回蒸すという手間のかかる工程を経て、丹念に作られた品で、太陽のエネルギーがたくさん凝縮されています。

これを食べ始めてから、私はほぼ毎日日の出とともに目が覚めます。
そして、白髪が大分減っただけではなく、またいくつかカラダの変化も現れています。

太陽の力ってすごい!!

次回は、「呼吸が浅い人の共通点」についてお話しします。

お楽しみに♪

PR

■東洋医学普及活動家・
羅予澤が技術監督■
経絡養生師による未病予防なら
専用サロン 未病のキセキ(気施技)

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人