ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

足のほてりは冷え性のサイン?

夏に向けて気温がだんだんと高くなり、夜でも蒸し暑く、就寝時もエアコンが欠かせませんよね。

でも、寝室をどんなに涼しく快適な状態にしても、なぜか足が火照って眠れない…。そんな症状に悩まされている方も少なくないようです。

また寝ている間に足が火照ることで、夜中に目が覚めて、寝不足になる方も。

今回は、足のほてりの原因とその解決策をご紹介いたします。

カラダが冷えると、足が火照って眠れない

足が熱くて眠れなくなる原因の多くに、カラダが冷えていることから血流が滞り、体内の熱がうまく放出されていない可能性があると言われています。

気温の低い冬であれば、外気の寒さに加えて活動量も減るため、「カラダが冷えている」とイメージがつきやすいのですが、「夏なのに?熱くなっているのに冷え性?」とちょっと不思議な気もしますよね。

でも、夏はクーラーの効いた部屋で長時間過ごす、外気で暑くなったカラダを冷やそうと冷たい食事をとる、さらに!冷蔵庫でキンキンに冷やされた、冷たいドリンクや、フルーツ、アイスクリーム…と、冷たい食べ物を口にする機会がぐっと増えていきます。

そうすることで、知らず知らずに内臓が冷やされ、いつの間にか全身の血行が滞りがちになっていきます。すると、下半身に溜まった血液が戻りにくくなり、足先に熱がこもってしまうのです。

隠れ冷え症の予防に最適。その場でできる「かんたん温活」

起きている日中は、仕事や家事、移動など、日常生活を行うことで、冷えたカラダの状態でもまだ血流の流れを促すことが可能ですが、寝ている間はカラダもおやすみ状態に。

人のカラダは手先・足先から体温を外へ逃がすことで眠りに就くシステムになっているため、足先に熱がこもったままの状態ではなかなか寝つけなくなります。

冷やすのは逆効果!カラダを温めて快眠へ

そんな足の火照りによる寝苦しさを解消するには、やはり日中からカラダを冷やしすぎない生活を心がけることが大切です。

また、就寝時に火照りがツラいと、応急措置的に布団から足を出したり、冷却グッズなどで足を冷やしたくなりますが、それらは逆効果であると言われています。

すでに冷えているのにさらに冷やしてしまうことで、カラダはこれを緊急事態と判断し、もっと温めなければと躍起になります。

その場しのぎで冷やそうとするのではなく、外は暑くても室内は寒いときには、薄手の上着やストールなどを持ち歩き、日中でもカラダを冷やさない工夫をすることを心がけましょう。

また、適度な水分補給し、熱中症対策をしたうえでお散歩やストレッチ、ヨガなども取り入れて、カラダを動かすように意識しましょう。

目や肩、腰にも効果的!3分ヨガ動画【5選】

毎晩のように足の火照りに悩まされている方は、就寝数時間前にもゆったりとしたヨガやストレッチなどの軽い運動をしたり、40℃ほどの湯船にゆっくり浸かるのも効果的です。

毎日の生活の中で、できるところからカラダを芯から温め血行を良くすることで、就寝時に向けて自然と体温が下がっていくよう工夫すると、さらにベストです。ぜひ今日から試してみてくださいね。

カラダを芯から冷やさぬよう、冷たい物を美味しく、楽しくいただきましょう。

【ヨガポーズ解説】全身の代謝アップに「三角のポーズ」

羅さんに学ぶ!浅い呼吸と更年期の諸症状

PR

植物由来・無添加・
オーガニック生活をはじめるなら
ヨガする人のための Yoganic Life ヨーガニックライフ

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人