ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

心とカラダの巡りを整える 羅さんの未病予防ってなぁに?

~「消」の主役は胃、「化」の主役は脾~

私たちのカラダには様々な機能があります。この機能を維持するために色々な気のパターンが存在し、私たちのカラダはそれらの気によって動かされています。

例えば「消化」。

「消」とは、食べた物の姿形を消す作業を指します。

その機能を担うのは胃の働きです。胃には、胃酸や胃液を使って食べ物をドロドロな状態にし、十二指腸や小腸に一つ残らず送り出す働きがあります。

「化」とは、ある物から別の物に変えていく作業を指します。

その機能を担うのは脾の働きです。

私たちのカラダは、食事として摂った糖質・脂質・タンパク質などをアミノ酸まで分解し、更にカラダに必要な栄養素として再合成します。このプロセスが消化の「化」です。

例えば、ご飯を炊く時の事を思い浮かべてください。

お米を洗米し、鍋に入れて加熱します。そして加熱された水が水蒸気として蒸発し、この水蒸気によりご飯が炊き上がります。

~「化ける」には、熱が不可欠~

カラダに入ってきた食べ物も同じプロセスで「化ける」のです。

そのままの状態ではなく、カラダに吸収する為には「胃」と「腸」の中での加熱の工程が必要不可欠となります。この加熱の工程で必要なのは、体内の水を水蒸気に変えることです。

食べ物の中の水分を加熱し、水蒸気に変え、その水蒸気で体全体を潤すこの働きは、脾の重要な役割の一つです。

また、この働きを担う臓器は脾蔵だけでなく膵臓や小腸、大腸などもその機能を担っています。

心臓で作られた熱は、横隔膜の上下運動により小腸へと送られ、その高い熱を使って食べた物を加熱して水蒸気に変えたり、食べ物をアミノ酸まで分解してたんぱく質に合成します。

心と連動しながら行う、この「化」の機能は小腸が担います。

つまり、「消化」とは
「消」とは、食べた物の姿形を消す作業
「化」とはある物から別の物(栄養素)に変えていく作業
の二つの役割が滞ることなく行われることを指します。

この消化が正しく行われていることで、健康維持や未病を予防することにもつながります。

次回は、「やる気が出ない訳はこれ!?」についてお話しします。

お楽しみに♪

PR

■東洋医学普及活動家・
羅予澤が技術監督■
経絡養生師による未病予防なら
専用サロン 未病のキセキ(気施技)

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人