ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

最近よく耳にする「マインドフルネス」という言葉。

本屋さんにはたくさんマインドフルネスの本が並んでいるし、世界的に有名な企業が取り入れているなんて話も聞きます。

でも…そもそも「マインドフルネス」っていったい何?瞑想とのは違うの?
今回はマインドフルネスと瞑想についてお話していきます。

マインドフルネスってなに?

今朝の朝食の味や香り、温度を覚えていますか?
通勤途中、道に咲くお花の色や香りに気づいていましたか?
家族、恋人、友人、職場の仲間の話にしっかり意識を向けていますか?

日々の生活の中でどのくらい【今】に意識を向けることができているでしょうか?

食事をしながら1日のスケジュールを考えたり、歩きながら昨日の仕事のミスを悔んだり、誰かの話を聞きながら何て答えようか考えていたり。

未来のこと、過去のこと・・・朝起きてから夜眠るまで、わたしたちの心は散漫で落ち着くことができません。

心を今に留めるマインドフルネス瞑想

では、どうすればマインドフルでいられるのでしょうか?
マインドフルでいるための練習が、【マインドフルネス瞑想】です。

マインドフルネス瞑想は、食べる、歩く、相手の話をしっかり聞く、呼吸するなど、今自分がしている所作に意識を向け続けます。

そして、今自分がいる環境にも意識を置いていきます。

何かに集中しすぎて周りが見えなくなってしまうのでは意味がないからです。

座って行う練習だけでなく、日々自分自身の所作に意識を向け、丁寧に生活することも【マインドフルネス瞑想】ということもできるでしょう。

マインドフルネスは瞑想じゃないの?

瞑想には、色々な捉え方があり、具体的な瞑想法もたくさんあります。

瞑想=マインドフルネスというわけではなく、マインドフルネスは瞑想の目的の1つと考えられるでしょう。

そして、【マインドフルネス瞑想】は、マインドフルネスを目的とした瞑想法の1つです。

スマホの地図アプリに目的都地を入力すると、いくつかのルートが表示されます。

自分でも知らなかった行き方がいくつも表示され驚くこともあります。
瞑想にも同じようにいくつものルートがあるのです。

マインドフルネス瞑想もそのルートの1つ。

どのアプローチを選ぶかは人それぞれです。
どの道が正しい、間違っている、効率が良い悪いはありません。

まず今日1日を丁寧に。
【マインドフルネス】で過ごしてみませんか?

1日1分からできるマインドフルネス瞑想

朝起きてから夜寝るまで、毎日いろんな出来事が通り過ぎていきます。楽しいことや、嬉しいこともあれば、イライラしたりモヤモヤしたりして心がちょっと疲れてしまうこともありますね。

「あ、今イライラしてるな。」
「気持ちに余裕がないな。」
「お店の店員さん、やさしかったな。」

など、今何を感じていて、どこに意識を向けているのか「マインドフルネス」な時間を持つようにしましょう。

いろんな体験したこと、感情を溜め込むことなく今ここに意識を向けてマインドフルに過ごすこと。その手段としておススメしたいのが「瞑想」の習慣化。

1日1回は「瞑想温泉」にどっぷりつかって、考える事をお休みして頭の中を整理整頓しましょう。

瞑想アプリMEISOONでは、無料でできるマインドフルネス瞑想を用意しています。気になるマインドフルネス瞑想を選んで、試してみましょう。
瞑想アプリMEISOONを詳しくみる

■瞑想アプリMEISOONを今すぐダウンロード(無料)
iPhone :MEISOONアプリの無料ダウンロードはこちら
Android:MEISOONアプリの無料ダウンロードはこちら

提供元:ホットヨガスタジオLAVA 瞑想アプリMEISOON

PR】『ヨガの名湯 瞑想温泉』連載中のインストラクターからヨガを学ぼう!

体験レッスン・オンライン説明会受付中
ヨガスクール FIRSTSHIP

ダウンロードはこちらから

この記事を書いた人