ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

ストレスは良くも悪くも刺激的

自分の力ではどうしようもない出来事が起きたり、想像もしていなかったことが自分の人生の中にやってくると、良くも悪くも私たちはストレスを感じます。

そもそもストレスとは外部からの刺激を受けたときに生じ、心とカラダが一時的に「緊張状態」に陥ることを指します。

なので、とても嬉しいことも悲しいことも、外部からの刺激はすべて「ストレス」となり、その量とタイミングとストレスを受けている状態によって、受け止めかたも変わります。

刺激を受け続けることにより、その緊張状態や環境に心とカラダが慣れてくると、ストレスを感じなくなるのですが、この「感じなくなる」というのも、良し悪しです。

まず大切なのは、自分が今、何かしらのストレスを感じているなとか、疲れているなど、今の自分の状態を、気づけるか否かがとても重要になってきます。

自分の感情にフタをしないことも必要

大人になってくると、自分の感情をある程度コントロールし、表に出さないことができるようになります。

喜びごとならまだしも、自分が感じた怒りや悲しみ、つらい気持ちを感じたとしても、何かに吐き出すことなく、自分の中でその感情にフタをし、知らないふりをしてしまうことがあります。

そうすると、自分の感情と心の間で摩擦が起き、刺激となってさらにストレスにつながることがあります。

何か違うことをして気を紛らしたりしても、フタをして、見て見ぬふりをした感情は、自分の心の消化できない感情エリアに、どんどんと積もり重なっていきます。

その感情が積もりすぎて、フタが締まらなくなったとき、自分でもコントロールできなくなり思ってもみないことを言ってしまったり、行動を起こすことに発展してしまうことも。

では、そうならないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

小さなことでもOK。他人にとっては何てことないことも、自分にとっては大切なこともあります。

ちょっとイライラしたなとか、悲しかったな、傷ついたなどと感じたら、今の自分の感情にフタをせず、一度その感情を受け入れて「そうか」と認めてあげることからはじめましょう。

主な原因は「疲れ」。瞑想で疲れを洗い流す

「〇〇だったから、悲しかったんだ」とか、「〇〇されたことにイライラした」。と、認めることで、自分の感情と心の中で生まれる「刺激=ストレス」が軽減されることがあります。

これは、客観的に自分の状態を認知すること、その能力をメタ認知・メタ認知能力とも言います。

怒りやイライラした感情も、疲れから生まれていることがあります。疲れもいろんなタイプがあるので、自分は何に疲れているのかを知って、疲れの原因から物理的に距離を置き、その間は、考えることも気にすることも、おやすみしましょう。

  • 体力的に疲れていたら、しっかりと休息をとる。寝る。
  • やることが多すぎたら、抱え込まずに相談してやることを減らす。
  • 思い通りにならないなら、思うことをいったんやめる。
  • カラダが重くてむしゃくしゃしたら、階段を一気に駆け上がる。
  • など。

衝動的な感覚が収まり気持ちが少し落ち着いてきたら、より深く心をいやせる準備ができた証拠です。

そこからより深く心をデトックスする場合は、悲しみや疲れをいやすことを目的とした専用の瞑想を使っていやしていきましょう。

【目的別におススメの瞑想】

カラダも心もクタクタに疲れているとき。
■「疲れをいやす瞑想」

ゆっくりと呼吸を何度も繰り返しながら、カラダの中を喚起していきます。この瞑想の時間だけは、自分の役目や役割などすべておやすみして、今の自分を受け入れることで疲れがいつの間にか流れていきます。

【提供元】 瞑想アプリMEISOON

気持ちがモヤモヤし、イライラが収まらないとき
■「ストレスを解放する瞑想」

疲れた気持ちや感情を外に吐き出すことで、自然とモヤモヤやイライラが出ていき、息を吸うときにクリアな感覚やエネルギーが全身にとりいれれられます。繰り返すことで、徐々に気持ちが解放されていきます。

【提供元】 瞑想アプリMEISOON

どうしようもない不安や悲しみを感じるとき
■「心のいたみをやわらげる瞑想」

今の自分の気づきを受け入れることからはじめます。溢れてきた感情はそのままにしながら、ゆっくり呼吸を繰り返します。自分でも気づかなかった感情が洗い流され、瞑想が終わるころには気持ちがかるく感じられます。(2021年2月リリース)

【提供元】 瞑想アプリMEISOON

今回紹介した瞑想ガイドは有料曲となりますが、サンプル音源を無料で視聴できるほか、瞑想アプリMEISOONを利用しランクアップすると、無料視聴のボーナスを受け取ることができます。

また、無料でできる瞑想ガイドやマインドフルネス瞑想もありますので、上手に利用して、ストレスやモヤモヤを、瞑想で洗い流してみてくださいね。

感情を対処できる。それがヨガであり、瞑想であり、大人の特権

朝起きてから寝るまで、毎日いろんな出来事が通り過ぎていきます。楽しいことや、嬉しいこともあれば、イライラしたりモヤモヤしたりして心がちょっと疲れてしまうこともありますね。

でも、それは自然なこと。大切なのは、そういった感情を溜め込むことなく日々リセットすることです。その手段としておススメしたいのが「瞑想」の習慣化。

1日1回は「瞑想温泉」にどっぷりつかって心をきれいに洗い流しましょう。

ダウンロードはこちらから

この記事を書いた人