ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

大掃除は新年をお迎えする神聖な行事

年の瀬に近づくにつれ、私たちは今年起きた出来事を振り返り、身の回りの整理整頓や大掃除をし始めます。

大掃除の由来は、毎年12月に宮中で行われている「煤払い(すすはらい)」と言われています。

煤払いは今でも神社や仏閣で毎年行われていますが、煤払いは単なる掃除ではなく、新年を司る年神様や、いつも見守ってくださる神様たちを迎えるための、神聖な行事のひとつです。

この習慣がだんだんと私たちの家々にも伝わり、氏神様やご先祖様、また私たちの家にやってくる大切なお客様に、新しい年を気持ちよく迎えてもらうために、家の隅々まで掃除をする「大掃除」の習慣になっていきました。

見た目も気持ちもスッキリする掃除の効果

身の回りを整理整頓し、掃除をすると気持ちがスッキリするという方も多いのではないでしょうか。

片付けや掃除をすることで、ほこりや汚れが目の前でキレイに落ち、本や服が整うことで、見た目にも、「キレイになっていく」感覚が分かりやすく、気持ちも整った感覚になります。

そして私たちは掃除をしているとき、無意識のうちに今の部屋の状態(掃除をする対象の場所)を把握してから行っています。これは、自分がいる場所の状態を客観的に見ている、観察しているのと同じことになります。

観察していると「これはいらないな」とか、「これは思い出があるから取っておこう」など、取捨選択をすることでいろんなことに気づくこともできます。

また、必要とはしていなかったモノを捨てることにより、その場所が整い空間(スペース)ができます。

同じ部屋のサイズなのに、掃除をすることで見えなかったモノが見えてきたり、探しモノが出てきたり、キレイになった場所に、新しいモノを迎えたい、など思う気持ちという気持ちの余裕も生まれてきます。

心の中や考え事はどうやって大掃除するの?

洋服が汚れたら洗濯機で洗う。部屋が汚れたら、整理整頓や掃除をする。そして多くの人がその日のカラダの汚れを洗い流すために、1日に1回はお風呂に入って全身をキレイにします。

では、心の中や頭の中に思い浮かぶことは、どうやって掃除するのでしょうか?

私たちは日々いろんなことを思い、考え、出来事を体験しています。さらに私たちの心は今起きていることから、過去にも未来にも自由自在に飛び回ることができるため、知らない間にいろんな「考え事」が、心の中や頭の中に積もり、溜まっている状態になっています。

積もり積もった「考え事」をキレイに掃除するには、1日1分でもよいので「考え事」を整理整頓する時間、観察する時間をもつ=瞑想をすることです。

静かな時間をもうけて、心と頭の中を掃除することで、心の中にもモノの掃除や片付けと同じ効果をもたらすことができるのです。

年末は、除夜の鐘で瞑想を

普段の生活の中では、1日に1回1分~5分。余裕がある人は10分~20分程度瞑想をすると、整理整頓ができ、気持ちがスッキリします。

年末年始、部屋はもちろん、心も大掃除をしたい!という方には、108回の除夜の鐘をききながら30分程度の瞑想をおススメします。

「108」と聞くと、12月31日の除夜(大晦日の夜)から新年にかけて、日本のお寺で108回撞かれる除夜の鐘を思い出しますよね。

なぜ108回なのか?その理由について諸説ありますが、ここでは一般的とされる「煩悩の数」を用います。鐘の音に耳を傾けひとつひとつの音に集中することで、様々な煩悩から解放されると言われています。

煩悩は、私たちの心身に付きまとうもの、心を悩まし煩わせるものと言われますが、心の掃除として瞑想をする場合は、煩悩を「考え事」と置き換えてとらえると分かりやすいでしょう。

一定のリズムに則って流れてくる除夜の鐘の音に耳をかたむけることで、今に集中(マインドフルネス状態)することができ、「考え事」を客観的に見つめ、整理整頓することの手伝いをしてくれます。

108回の鐘の音の瞑想を終えた頃には、煩わしいことから意識が離れ、純正な自分の感覚や、自分に必要なもの、新しい年を迎えるために必要な考え事が残っていくことでしょう。

また新しいアイデアや、チャレンジしたいこと、新年の抱負なども浮かんでくるかもしれません。

108回の除夜の鐘を聞きながら瞑想する際には、動画配信サイトで紹介されている鐘の音や、瞑想アプリに用意されている除夜の鐘の音で瞑想するのも簡単にできる方法のひとつですので、ぜひ活用してくださいね。

提供元:瞑想アプリMEISOON マインドフルネス瞑想 除夜の鐘の音(無料)

まずは1日1回、瞑想で心を洗おう

朝起きてから寝るまで、毎日いろんな出来事が通り過ぎていきます。楽しいことや嬉しいこともあれば、イライラしたりモヤモヤしたりして、心がちょっと疲れてしまうこともありますよね。

でも、それは自然なこと。大切なのは、そういった感情を溜め込むことなく日々リセットすることです。その手段としておススメしたいのが「瞑想の習慣化」。

1日1回「瞑想温泉」につかることで、無理なく優しく自分の軸が整ってきます。ぜひお試しください。

瞑想アプリMEISOON(メイスーン)を使って、瞑想を習慣化しよう

【年末年始におススメ】除夜の鐘の瞑想(無料)・願いを叶える瞑想(有料)
心の整理整頓、また新年の抱負を心に思い浮かべるのに最適な瞑想です。
瞑想が終了したらそっと目を開きましょう。

瞑想アプリMEISOONを詳しくみる

■瞑想アプリMEISOONを今すぐダウンロード(無料)
iPhone :MEISOONアプリの無料ダウンロードはこちら
Android:MEISOONアプリの無料ダウンロードはこちら

提供元:ホットヨガスタジオLAVA 瞑想アプリMEISOON

【ヨガポーズ解説】ヨガの王道。知っておきたい「太陽礼拝」

ダウンロードはこちらから

この記事を書いた人