ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

牛の顔をまねした愉快なポーズ「牛の顔のポーズ」

頭痛の解消や、上半身の引き締めに効果的な「牛の顔のポーズ」。座った状態で両膝を重ね、腕を背中側に回し、両手をつなぎます。胸を開きながら気持ちよく5回ほど深呼吸します。反対側も同様に行います。

【ポイント】

  • 両脚を伸ばして座り、骨盤を立てて、背筋を伸ばします
  • 両膝はカラダの中心で重ねます
  • かかとはお尻に近づけます
  • 背中で両手をつなぎます
  • 胸を開いてゆっくり呼吸を繰り返します
  • 反対側も同様に行います

柔軟性を必要とするポーズのため、無理はしないようにご自身のカラダの状態をよく観察しながら行いましょう。

骨盤が前後に倒れやすくなるため、まずは骨盤が真っすぐ立っていることを意識します。脚が組めない場合は、かかとの角度を調整する、または片方の脚は伸ばした状態で、片方の膝を上に重ねるだけも大丈夫です。骨盤が立ち、両膝がカラダの中心で重なっていることを優先しましょう。

また膝や腰が痛い方は、椅子に座った状態で上半身だけの牛の顔のポーズを行うのも良いでしょう。

背中側で両手がつなげない場合、タオルやヨガストラップなどでサポートし、無理のない範囲で胸が張れている状態を意識します。

牛の顔のポーズは、背中に腕を回すことで背面がほぐれ、頭部への血流が促進され、頭痛の緩和や、肩こり解消にも効果的です。また二の腕、上半身、お尻の引締めにも最適なポーズです。

胸を開くことで、呼吸が深まるほか、気持ちが前向きにもなりますので、元気になりたいとき、何かをはじめる前など、リフレッシュしたいときにもこの牛の顔のポーズはおススメです。

※アプローチ部位、サンスクリット語の読み方などは、ヨガポーズ一覧「牛の顔のポーズ」でご紹介しています。

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人