ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

だんだん気になる、体力と肌年齢

数年前まで、カラダや肌の疲れが翌日まで残ることなんてなかったのに、ある日突然、鏡に映る自分の姿に驚くことも。「いつまでも元気で若々しくいたい」そう思う人は少なくなく、また日に日にその思いが強くなることも。

ちょっとゆるんだカラダも、目じりのしわも「私らしさ」のひとつとして受け入れつつ、カラダも心も若々しさも、それなりにキープした状態で年を重ねられたら。

少し先の未来、1年後、5年後の自分がどうなっているのか、年を重ねるとが、楽しみに変わるかもしれません。

お肌のターンオーバー(肌の再生周期)が約28日は20代の例

体力も気になるところですが、今回特に注目したいのが、私たちの全身を守ってくれている肌。

春から夏にかけては強い紫外線が降り注ぎ、秋から冬は乾いた風が吹きつけるなど、お肌には常にいろんな刺激を受けています。

そのため、健やかな素肌を保つには、保湿対策はもちろん、肌のケアは日常生活の中で欠かせないものになっています。

年齢に応じた理想的な肌の状態でいるためにはどうしたらいいのか?を考えるために、あらためてここでおさらいしておきたいのが、お肌の「ターンオーバー」(外側にある表皮が新しく生まれ変わる周期)です。

「肌のターンオーバーは約28日」と、記憶している人も多いと思いますが、この約28日は20代のときで、30代~40代になると約40日~45日。50代以上は20代の2倍以上の約60日~70日ほどかかる人もいると言われています。

20代の頃は、一晩寝たら、目の下のクマやシワなんて消えていたのに、30代を過ぎてからは何か様子が違うのは、この肌が新しく生まれ変わるためのターンオーバーリズムが遅くなるからなのです。

そのリズムを20代の頃に戻すのは難しくとも、日ごろの生活スタイルやお肌のケアで、ターンオーバーのリズムを整え、健やかな状態になれたら、こんなうれしいことはありませんね。

カラダを温めながら保湿ケアが、肌力アップの近道に!

昔から「冷えは万病の元」と言われるように、肩こりや肌あれ、そして何らかのカラダの不調の原因になるとも言われています。そのことから、まずはカラダを冷やさない工夫や、生活スタイルが大切だと言えます。

カラダを温める(血行促進)はもちろん、健やかな肌へ導く方法の代表格と言われているものとして

・カラダを温める食材を選んで食べる(ショウガ、ネギ、温かい食事、飲み物)
・カラダを動かす(ストレッチや散歩など軽い運動、特に有酸素運動が有効的)
・カラダを温める服装や環境をつくる(靴下、腹巻き、湯船につかる)
・水分補給(白湯やお水を飲む)
・うるおいが保たれた環境を整える (加湿器を置く、喉と鼻のケア)
・保湿ケア(化粧水、乳液、保湿クリーム・バームなど)

が、あげられます。

つまり、体内循環(カラダの巡り)を良くしながら、肌にやさしい環境を作ってあげるのが、理想的な肌に近づく秘訣といえます。

外でも室内でも!ヨガをするならお肌の保湿ケアを忘れずに

軽い運動やストレッチ効果が期待できる有酸素運動のひとつに、ヨガがあります。(ここでは、呼吸とカラダを意識しながらポーズをとる、さまざまなヨガの流派の原点と言えるハタヨガを指します)

ヨガが有酸素運動?と思われる人もいるかもしれませんが、ヨガは動きと呼吸(深呼吸)を組み合わせながらカラダが動かすため、有酸素運動のひとつにも含まれています。

酸素を多く取り入れて動く有酸素運動では、体内に酸素が多く運び込まれることによる脂肪燃焼効果はもちろん、呼吸をするたびに横隔膜が大きく上下するため、循環器系の働きを活発にし、むくみ改善や、基礎代謝の向上も期待できるといわれています。

もちろんこれらの働きは、お肌のターンオーバーへもよい影響をもたらします。

特にヨガはゆっくりと大きく動く動作も多いため、筋肉のストレッチ効果も高く、体内循環の促進も期待されているます。

もともと健康と美容効果の高いヨガをする時間に、お肌のケアをする。また肌ケアを意識した環境でヨガをするというのは一石二鳥の効果が期待できるとも言えます。

最近では、保湿クリームやオイルの他、ヨガ向けの発汗効果を促す保湿力の高い、植物由来原料100%スキンケアバームなども手にすることができます。

なので室外でのヨガはもちろん、室内でのヨガするときは、ウエア+マットはもちろんお肌ケアも用意されると、もっと自分がよろこぶヨガの時間に変わるかもしれませんね。

暖かく、うるおいのある場所でのヨガならさらにベター!

同じヨガをするにも、ヨガの効果と肌力アップを高めたいという方には、暖かく、湿度もある環境でのヨガや、ホットヨガ(室温30℃~35℃、湿度50~60%前後の環境で行うヨガ)が断然おススメ!

暖かい場所でカラダを動かすことで、筋肉が早く緩まり、柔軟性がアップします。また、暖かい空気を体内に取り込むことで血液の循環もよくなります。汗もかきやすくなるので、皮膚の水分調整の他、デトックス効果も期待できます。

ホットヨガに代表されるように、カラダにも肌にもやさしい環境で運動することは、ターンオーバーのリズム調整にも、大いに期待ができそうです。

実際に、ホットヨガを3か月以上続けた方のお肌のキメの数、お肌の柔軟性、お肌の水分量に効果が見込めたという結果もでているようですので、気になる方は合わせてこちらの記事もご覧くださいね。

【参照】▼2020年9月 学会発表|第20回日本抗加齢医学会総会で ホットヨガの効果検証を発表
https://yoga-lava.com/news/all_topics_200928_report.html

【情報提供】ホットスタジオLAVA

ホットヨガの体験レッスン・ホットヨガのご予約はこちら

継続は力なり。まずは3か月以上、続けてみよう

肌の変化も感じたい方は、ターンオーバーの期間を参考に、3か月後の肌の変化、またその3か月ホットヨガを続けることで、ご自身の肌の変化を実感できるかもしません。

ダイエットでヨガをはじめる方も多いと思うので、体重の変化はもちろんですが、お肌の質や潤いがアップするのかも見てみるのもよいかもしれませんね。

自分の未来が、そして年を重ねることが楽しくなるヨガの時間をぜひお楽しみください。

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人