ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

焼き芋だけではもったいない!安井シンジ流サツマイモの楽しみ方

こんにちは。フードヘルスコーチ&ヨガ男子の安井シンジです。

前回、サツマイモの魅力・意外なダイエット効果や美容効果をお伝えしました。サツマイモと言えば「焼き芋」ですよね?でも、ちょっと待った!それだけではもったいない。今回は定番スイーツから意外な使い方まで、サツマイモの美味しさをギュッと詰め込んだレシピをご紹介します。

残った焼き芋で作る、サツマイモの本格チャイティーラテ

<調理時間 約10分>

■材料(2人分)

焼き芋 1/2~1本
ティーバッグ 2袋(アッサムティーまたはセイロンティー)
水 400ml
豆乳または牛乳 400ml ※お好みで量を調整してください

(スパイス)
シナモンスティック 1本
カルダモン 原形4個
クローブ 原形4個
スターアニス(八角) 原形1個

■作り方

1.シナモンは手で3等分程度に折り、カルダモンは中身を出しておく(周りの部分も使用)
2.鍋にスパイスと水を入れ、強火にかける。沸騰したら中火にし、お湯が茶色くなり、スパイスの香りが広がるまで煮る
3.火を止めた後にティーバッグを入れ、2~3分置いておく
4.待っている間に豆乳と焼き芋をミキサーにかける
5.3に4を加え中火でコトコト煮る(沸騰しないように火を調整)
6.茶こしで濾して出来上がり

「スパイスから作るなんてハードル高すぎ」と思われた読者の皆様!スパイスさえ買い揃えれば、あとは意外と簡単で時間もかかりません。
疲労回復や血行促進、消化促進、整腸作用など様々な効果が期待できるスパイスでカラダを元気に。これからの季節、生姜を加えるとカラダを温めてくれるのでおススメです。

お部屋に広がる本格的な香りとサツマイモのほんのり優しい甘さにきっと癒されるはずですよ。是非チャレンジしてみてくださいね。

異国情緒漂う、サツマイモのココナッツクリーミーカレー煮込み

<調理時間 約20分>

■材料(2~3人分)

サツマイモ 小サイズ1~2本(約150g)
玉ねぎ 1個
人参 1/2本
キノコ 1/2パック
ケール 適量(ブロッコリーやほうれん草などでも可)
米粉 小さじ2(小麦粉でも可)
カレー粉 小さじ3
ココナッツミルク 200ml
味噌 小さじ2
ブイヨン 1個
水 50ml
塩コショウ 適量
油 適量
※飾りつけとしてクコの実(なくてもOK)

■作り方

1.油を引いたフライパンに薄くスライスした玉ねぎを入れ、少ししんなりするまで炒める
2.1に食べやすい大きさに切ったサツマイモと人参を入れ、火が通るまで炒め、最後にキノコを入れる
3.火を止め、カレー粉と米粉を加えてなじませる
4.弱火で炒め、粉っぽさがなくなったら、ココナッツミルクを少しずつ加える
5.そこに味噌・ブイヨン・水を加え、弱火で10分煮込む
5.最後にケールを入れて少し火を通し、塩コショウで味を調えて出来上がり

カレーのスパイシーさとココナッツミルクの甘さがマッチして、奥深い味わいが楽しめます。ココナッツミルクが苦手な方は、豆乳や牛乳で代用も可能。もちろん鶏肉などを加えてもOKです。
具だくさんなのでこれだけでも満足な一品ですが、ご飯と一緒に食べても美味しいですよ。

トースターで簡単!レモンでさっぱりスイートポテト

<調理時間 約20分(サツマイモ自体の調理時間は含まない)>

■材料(写真のサイズのもの8個分)

サツマイモ 小サイズ3~4個(約400g)
レモン果汁 大さじ1
豆乳または牛乳 大さじ4
オイル 大さじ2(菜種油・こめ油・グレープシードオイルなど)
メープルシロップまたははちみつ 適量

■作り方

1.火を通したサツマイモをマッシュする(フードプロセッサーを使うと簡単!)
2.鍋にマッシュしたサツマイモ、オイル、豆乳を入れて弱火で練り上げる
※甘めが好きな方はここでメープルシロップを適量入れてください
3.まとまってきたら火を止め、レモン果汁を入れて混ぜる
4.少し冷ましてから、好きな形に成形する
5.メープルシロップを表面に塗り、トースター1000wで5分
※焦げすぎないように注意してください
6.表面に少しだけ焦げ目がついたら出来上がり
※食べる前に再度メープルシロップを塗れば、きれいなテリがでます

レモンの香りと酸味がきいた爽やかなスイートポテトです。

ちなみにこの可愛いお芋のような形は、とっても簡単に作れます。

まずは手のひらでクルクルお団子状に。丸まったら手のひらを合わせて合掌し、3回優しくすり合わせて横長の形にします。

トレーに載せて両端を人差し指と親指できゅっと絞って形を整えれば、ミニチュアお芋の出来上がり!

サツマイモはレンジでチンでも良いですが、蒸し器で蒸すと甘味が増してより美味しくなりますよ。
時短がイイ!と言う方は買ってきた焼き芋を使ってもOKです。

今回は紫芋でも作ってみました。材料・配分は同じでサツマイモを紫芋に変えるだけ。紫芋には通常のサツマイモ成分に加え、アントシアニンというポリフェノールが豊富に含まれています。高い抗酸化作用があり、アンチエイジングや目の健康維持に効果が期待できますよ。

さらに、このスイートポテトのおススメの食べ方は「冷やしスイートポテト」。
前回の記事でお伝えしたダイエット効果が期待できるレジスタントスターチ(難消化性デンプン)は、加熱後にゆっくり冷やすことで量が増加する特徴があるため、冷やすことでダイエット効果が高まります。

シンプルな食材でできる簡単スイーツなので、是非お試しください。

焼き芋だけではないサツマイモのレシピ、いかがでしたでしょうか?
旬の「サツマイモ」を食べて、秋を満喫し、心とカラダも癒しましょう!

■旬の果物や野菜のレシピもInstagramで公開中■
@shinji_healthcoach

関連記事はこちら

【安井シンジの台所】この秋・しっとり甘いサツマイモで美腸&美肌!

PR

植物由来・無添加・
オーガニック生活をはじめるなら
ヨガする人のための Yoganic Life ヨーガニックライフ

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人