ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

	編集部の見えない部分を見に行こう 月のうら側

心がブレブレ、どうしようもなく不安。そんな自分に気づいた日。

いつもYogaFullをお読みいただきありがとうございます。こんにちは。YogaFull編集部、編集長の満月です。

気がつけばもう6月。

街の花屋に目を向けると、色とりどりの紫陽花が並び、季節が初夏から梅雨へと移り始めていることがよくわかります。

今年は桜や新緑の時期に、家にいることが多かったので、四季の変化にいつもよりも鈍感になっているような気がしています。

2020年がはじまって半年。私たちは今までに体験したことのない、歴史の教科書に刻まれるような大きな出来事を体験し、そして今も真っただ中にいます。

ここ数か月で日本はもちろん、世界の人や生活の流れが大きく変わりました。

当たり前のようにできていたことに制限がかかり、今まで常識だったことが常識でなくなり、新しいルールが設けられ、私たちは何か大きな力によって「変化すること」余儀なくれています。

その急激な変化に、カラダはもちろん「心がまったくついていかない」ことに、私はある日気がついたのです。

道路脇に咲く紫陽花

ヨガに出会って10年以上。ヨガの哲学や瞑想も勉強し、東日本大震災のときだって、何とかヨガと瞑想で心もカラダを整えて、乗り越えてきたから大丈夫!って思ってはいたけれど。

まだ起こってもいない未来に、先の見えぬ不安に包まれ、多方面から届くさまざまな情報に心も意識も右往左往。

このままじゃちょっとまずい(自分が)。自分も周りも揺れ動く中で何か確かなものを、確実なのが欲しい!と自分が思うように。

「毎日瞑想・毎日ヨガ」をしよう。

揺れない何かをつくりたく、自分でルールを決めて守る、そうすることにしました。

続けたいから無理なく。瞑想とヨガで1日5分の簡単メニュー!

どこからともなく不安に覆われる、おこもりでカラダが鈍くなる。

心とカラダを安定で快適にしてくれるヨガを学んでいる私が、今この時期に、瞑想とヨガをしなくていつする!と、はじめた「毎日瞑想・毎日ヨガ」。

ルールはとってもシンプル。

瞑想は1分でもOK!私が愛用している瞑想アプリMEISOONには、マインドフルネス瞑想(1分)があり、記録もつけられるので分かりやすい。

ヨガはどうしよう?と考えたとき、これまたMEISOONに声の誘導でヨガができるVoice Yogaがあるので、これを活用。お手軽な太陽礼拝3回(3分くらい) からやってみる。そしてヨガの内容や回数は手帳に書いて記録することに。

少なくとも1日5分あれば、なんとかなる!

あとは、もう少しヨガをしたいと思ったら太陽礼拝の回数を増やしたり、他の動画でヨガをしたり。瞑想も同じ。その日の気分に合わせてカスタマイズ。そして、いつでもやめてOK。ただ、次はここまでと決めたら、その日までは必ずすることに。

呼吸に全集中していると「あ、大丈夫」って思えてきた

何より一番意識したのは、呼吸に集中すること。そうあの鬼退治をする、今日本ではやっているあの漫画の主人公も取り入れている「全集中の呼吸」です。

呼吸に意識を向けることは、ヨガの基本であり、一番大事にされていること。

そんな大事な「呼吸」も、日常生活の中では「呼吸」をすることすら忘れてしまうことも多々あります。

心や感情に「自粛」なんて言葉は通用せず、好き勝手にいつでもどこでも、過去でも未来でも、どこにでも出かけていきます。心地よい旅ならよいのですが、毎回そうではない。

カラダは動いていないのに、心が勝手に旅をするのですごく疲れることもあります。そこで、意識的に、全意識を呼吸に集中させ、いつもより丁寧にしてみました。

1週間、1週間できたら、月末まで、そして・・・。

3月末からはじめた「毎日瞑想・毎日ヨガ」

気がついたら4月、5月と2か月連続で完走!

編集長、満月の実際の記録

(編集長、満月の実際の記録)

過ぎてしまえば安定で快適な毎日。瞑想とヨガのおかげかな?

とにかく何があっても、どんな変化が起こっても全集中の呼吸を意識して「毎日瞑想・毎日ヨガ」。

瞑想した後に表示される言葉に心がほっとしたした日もあれば、太陽礼拝30回!と、ちょっと頑張ったら翌日筋肉痛になっていて。

続けたおかげか、自分が想像していたよりも、心がぶれていない。そしてカラダもちょっと筋肉がついてきて、座り仕事でもそんなにむくみが気にならなく、外の世界のことより自分に意識を向けている自分に気がついたのです。

揺らがない安定した何かを外に求めるより、一定期間でもいいので、自分で決めたことやり切ってたことで、自分自身の中に安定した感覚がよみがえってきたのです。

いきなりやってきた世の中の激流の渦の中心に、思いっきり巻き込まれることなく、なんとか外側でゆらゆら観察できたのは、全集中の呼吸を意識して「毎日瞑想・毎日ヨガ」をしたからだと思っています。

(編集長 満月が受け取った、MEISOONからのありがたいお言葉)

うまく言葉で表現できたらいいのですが、呼吸や瞑想など行為から得られた感覚って、なかなか言葉で表現しにくく!ぜひこれは、1日5分からはじめられるので、ぜひ皆さんの心とカラダで体験していきたいとおもっています。

いよいよこれから、私たちの暮らしの中に、新しい生活習慣が浸透しはじめます。

何か新しいことをはじめるには、とても良いタイミングかもしれませんね。

是非、皆さんも何か自分で決めたことを少しの期間続けてみてくださいね。私は引き続き6月も1週間、また1週間と続ける予定です。

集中瞑想や、呼吸についてはYogaFullでも紹介していますので是非読んでみてくださいね♪
では引き続きYogaFullをお楽しみください。

YogaFull編集長


★瞑想や全集中の呼吸への理解が深まる!オススメの関連記事はこちら

どんなときも意識したいのは、心を安定させる「呼吸」

今の自分を感じる。1日1分からできる「集中瞑想」

ヨガは瞑想にすんなり入るための手段のひとつ

この記事を書いた人