ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

雨がシトシト降る日は、どんより低い空と同様、気分もなんとなく沈みがち・・・。

そんなときは呼吸をしやすくするために、横隔膜をストレッチしながら大きく胸を開いてみましょう!呼吸から自律神経に働きかけ、雨の日でもリラックスしつつ気持ちが前向きになれるヨガポーズをご紹介します。

胸を開いて深呼吸しよう「橋のポーズ」

【ポーズのポイント】
腰を反るのではなく、胸を開くポーズです。つま先と膝が腰幅よりも開くと、腰に負荷がかかりやすくなるので、足は平行で腰幅を保ちましょう。内太ももを意識させるとより効果的です。

注意点は、あごを引きすぎないようにすること。指2本分を床から離したままポーズをとりましょう。首をつぶさないように、胸の真ん中を顔の方に持ち上げます。

天気が悪いと気分が落ち込み、呼吸もしづらくなり、さらに肩もカラダの内側に入りがちです。このポーズで肩を外回しして胸を広げ、たっぷりと深呼吸してみましょう。脳にも酸素が行き渡り、気持ちを前向きに導いてくれるはずです。

【ポーズの取り方】
1.仰向けで横になり、両膝を腰幅で立てておきます。両手はカラダの横に添え、手の平は床向きにしましょう。肩の外側、二の腕の外側を床に回し下ろし、手の平でも床を押します。

2. 息を吸いながらお尻を持ち上げ、膝の高さまで腰を上げます。腰が痛い場合は、無理に持ち上げすぎないように注意しましょう。

3. 頭以外の床に触れている部分で床を押し、胸を顔へ向かって引き上げます。おへそを胸の方へ、お尻はひざ裏の方向へと、それぞれを引き離すように流しましょう。

ヨガポーズ監修:Miwa
ヨガスクールFIRSTSHIP外部講師・コアヨガインストラクター

PR】『1日1分からできる #ヒビヨガ』連載中のインストラクターからヨガを学ぼう!

体験レッスン・オンライン説明会受付中
ヨガスクール FIRSTSHIP

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人