ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

カラダの背面全体をストレッチしながらゆったり呼吸を続けると、気持ちが落ち着く効果があります。この記事では、1分で効率的にカラダをリラックスさせるヨガポーズをご紹介します。太もも裏を伸ばすだけでなく、背中と腰もしっかり広げて伸ばすのがポイントです。

体の力を抜いて、気持ちをゆったりと・・・「背中を伸ばすポーズ」

【ポーズのポイント】
膝を伸ばすのは二の次!まずは足の付け根からカラダを折りたたんで、太ももとお腹がぴったりくっつく位まで膝を曲げてみましょう。

このポーズは、太もも裏を伸ばすだけでなく、“背面を伸ばす”という意味があります。ポイントは、背中全体、腰も広げるイメージで伸ばすところ。

普段緊張しがちな背中をストレッチし、重力に逆らって背骨を支えている筋肉たちを伸ばすことで、自律神経にも働きかけ、気持ちを穏やかに落ち着かせることができます。

息苦しく、痛みがあるところまで膝を伸ばす必要はありません。深呼吸しながら心地よくポーズを保てるところまででOK。

5~10分そのままキープしていると、心がリラックスしていく感覚が味わえますよ。

【ポーズの取り方】
1.両脚を前に伸ばして座ります。太もも裏に痛みを感じたり、腰が丸まったりする場合は、無理をせず膝を曲げて座りましょう。

足の付け根を縮めるようにお尻の前側を使って座るイメージをすると、背中も腰も伸ばしやすいです。

2.息を吐きながら、足の付け根からゆっくり体を折りたたんで前屈します。太ももにお腹を預けて首の力を抜きます。そして腕の力も抜き、手の平を上にして呼吸をしましょう。

3.膝を深く曲げる場合や膝に痛み違和感がある場合は、クッションなど支えになるものを膝の下に入れると、心地よい状態で長くキープできます。

ヨガポーズ監修:Miwa
ヨガスクールFIRSTSHIP外部講師・コアヨガインストラクター

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人