ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

皆さんは、ストレスを抱えている人、疲れている人、眠れない人のために最適なヨガがあるのを知っていますか?

この記事では、ストレス社会の現代を過ごしていくために知っておきたい、“究極の癒し”といわれる「リストラティブヨガ」をご紹介します。

「深い」呼吸が癒しのカギ

突然ですが、「今日、呼吸をしましたか?」

生きているんだから呼吸しているに決まっている。その通りです。生きている限り、私たちは常に呼吸をしています。

ではさらに、「今、深く呼吸できていますか?」と聞かれたらどうでしょうか?

現代人は、呼吸が「浅く」「短く」なりがちだといわれています。運動不足や、パソコンやスマホ中心の生活によって姿勢が前屈みになると、それによって胸回りや肩周りを硬く緊張させ、深く呼吸することを妨げます。

呼吸とストレスは密接に関わっていて、ストレスを感じているとき、イライラしているとき、呼吸は速く浅くなっています。反対に、気分が穏やかでリラックスしていると、呼吸はゆったりと深くなるのです。

生まれてから死ぬまで、絶え間なく続ける呼吸。その呼吸の質が変わったら、生活の質も大きく変わっていきそうですね。

カラダを委ねて、リラックス♪

呼吸に意識を向けるヨガは、ストレス緩和に有効であることは広く知られてきました。

そのヨガの中でも「リストラティブヨガ」は、特に心身をリラックスすることを目的として考案されたヨガで、“究極の癒し”ともいわれています。

リストラティブには、「回復する、元の状態に戻す」という意味があり、健やかなカラダ、穏やかな心の「本来の自分の状態に戻ること」がリストラティブヨガの目的です。

普通のヨガとの違いは「委ねる」こと。ボルスター(長枕)や、ブロックなどヨガの道具にカラダを預け、ひとつのポーズに長くとどまります。

これは、道具にカラダを委ねることで筋肉の緊張が緩み、心にも「支えられていいんだ」という安心感を与える効果があります。

お家でカンタン、リストラティブヨガポーズ

では実際に、リストラティブヨガのポーズを紹介しますので試してみましょう。寝る前の5分間実践することで、一日の緊張がほぐれ、睡眠の質も上がりますよ。

仰向けのがっせきのポーズ(スプタ・バッタコーナーサナ)
1.足の裏と足の裏を合わせて座る(バスタオルや毛布で膝下をサポートすると◎)
2.丸めた毛布かクッションの上に仰向けになる
3.手は楽なところに置き、目を閉じる
4.ゆったりと呼吸しながら、5分間このポーズをキープする

「頑張らないこと」を練習する

「早く、効率良く、たくさんできる」ことが評価されがちな現代社会。

効率良くすることで余裕が生まれるのであればよいかもしれませんが、早くやればやるほど、たくさんやればやるほど、さらにやることが増えて忙しくなり、それが新たなストレスを生んでしまっているようにも思えます。

皆さんは「やらなければならないこと」で自分自身を埋め尽くしていないでしょうか?

リストラティブヨガでカラダを道具に委ねている時間は、「やらなければならないこと」「頑張ること」を完全に手放しましょう。これは「頑張らないこと」の練習なのですから。

リストラティブヨガはカラダをゆるめ、深く呼吸できるスペースをつくり、委ね、手放すことで心にもスペースをつくります。

自分の中にゆとりが生まれれば、人に優しくできたり、新しい物の見方ができたりと、日々の生活がより豊かになることでしょう。

監修:Yumiko
ヨガスクールFIRSTSHIP講師

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人