ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

「夏バテでやせる」はNO!放置すると、「溜め込み体質」に

暑い夏、だるくて食欲が湧かないことも多々ありますよね。困った事態ですが、ダイエット中だったりすると「このまま放っておけばやせるのでは…?」なんて少し期待してしまったりしませんか?でも、実はそれが逆効果なんです。

ろくに食べず、冷たいものばかりを飲み、涼しい部屋でダラダラ…そんなふうに過ごしていると、いつの間にかカラダの内側まで怠け者に。内臓が冷えて消化が鈍り、脂肪や老廃物がどんどん蓄積してしまいます。

また、余分な水分を発散するための熱も作られなくなるため、ほとんどカロリーのない飲み物だけで過ごしているのに体重が増えていく…なんてことにもつながります。 さらにこれを夏の間じゅう放置してしまうと、秋以降も太りやすくなってしまうので、早めの対策が必要です。

まずは「旬のもの」を意識して取り入れよう

では、一体どうすればそんな悪循環から抜け出せるのでしょう。誰にでもおススメできる有効な対策は、まずは多くの食材をバランスよく食べ、着実に代謝を上げていくことです。とはいえ、いざ実践するとなると、意外と難しいもの。

暑い時期には、体内活動もお休みしがちなので、なるべくその活動を助けてあげられるように栄養を摂り入れたいところ。・・・ですが、活動が少ない中でたくさんの量を食べてしまったら、内臓はより疲れてしまいます。
ですから、少量で種類の多い栄養素を摂り入れることを心がけると良いでしょう。

中でも「旬のもの」を選んで食べることが効果的!最近は、どの季節でもある程度の食材が手に入りますが、やはり最も食材の栄養価が高いのは、「旬」の時期。

夏野菜を食べて、巡りのよいカラダへ

旬の野菜には、私たちのカラダに必要な栄養素がたっぷり含まれています。夏野菜には、カリウムや水分が多く含まれているため、滞りがちな体内循環を良くしてくれます。

また、夏の食材は、鮮やかでキレイな色の野菜や果物も多いため、食欲を促進させ、抗酸化作用のあるビタミンやミネラルも豊富です。

カラダに十分な栄養が行き渡れば、代謝が上がって痩せやすくなるだけでなく、肌ツヤも良くなり、心も元気になります。ですので、ぜひ旬の食材をスーパーで見つけて、彩りのある食事を楽しみましょう。

また、なかなか食欲が湧かない方には、この旬の野菜や果物をお水とともにタンブラーに入れて作るデトックスウォーターがおオススメです。

皆さまもできる範囲で楽しみながら、新鮮な旬の野菜を取り入れて、夏バテ知らずの巡りのよいカラダを目指しましょう!

[引用]LAVA Life vol.25より

\関連おすすめ記事はこちら/

【安井シンジの台所】簡単10分!梅雨のダルさが吹き飛ぶ「オクラのレシピ」

【安井シンジの台所】初夏の旬野菜「オクラ」でキレイ&スタミナチャージ!

レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人