ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

ヨガの知恵でズバッと解決 教えて!ヨガ哲子の部屋

本日のお悩み

私は、遠距離恋愛をしています。彼に会いたくてもなかなか会えなくて、ついイライラしてしまいます。そしてその感情を相手にぶつけてしまうのです。穏やかな心でいたいのに。

あら、好きな人がいて、想いが通じ合っている人がいるなんて、素敵なことだわ。

昔は決められた相手と添い遂げなきゃいけない時代もあったから、自分たちの意思で結ばれるだけでも素晴らしいことよ。

「好きな人に会いたい」、そして「会えなくてイライラする」という気持ち、哲子もよくわかります。

そういう時はまず「イライラしている自分がいる」ということに気づき、そんな自分を思いやってあげること。喜怒哀楽があるのが私たちで、その感情を押さえつけるのもおかしなことよね。

とくに、イライラしたり、怒ったり『しないようにする』ことは意外と難しくて、逆に押さえつけようとするとその気持ちはさらに強くなるもの。イライラしたりする時もあっていいのよ。

ただ、その時に「あ、今私は怒っているな」と、気づきを入れることが、とっても大事なことなの。
「あー私は、いまイライラしているんだな。」って、その感情に気づいているときの自分は、客観的に自分を見ていられるので、心がだんだん落ち着いてくるんです。

ただただもう一人の自分は「イライラしている自分」を見守ってあげるだけ。

そうしたら「あ、私はあの人のことがとっても好きなんだな」と改めて気づいたり、このイライラの原因は別にあるなと発見することもあるのよ。少しずつその感覚を養っていくと、感情のコントロールが上手になっていくの。

そして素直な気持ちで相手に「会いたい」といえたら、きっとその人も素直に受け入れてくれると思うわ。

久しぶりに会えることになったとしても「会いたかったのに~」とイライラをぶつけるのではなく、喜びをもってその方と会える方がよいし、あなたもそれを望んでいるはず。

本日のお言葉

知足(サントーシャ)によって、無上の喜びが得られる。

ヨーガスートラ2章42節より抜粋

知足(サントーシャ)とは、足るを知る、ということ。

本当の喜びは、外に探しに行って得るものではなく、すでにあるもの。何かの有り無しに関わらず、良しとする。どちらも同じ心で受け入れることを試してみましょう。

好きな人がいること、また今の自分の生活に目を向けて、あることに意識を向けてみる。

心に余裕ができると、お相手の心にも余裕ができてくるもの。

直接会えるのが一番よいかもしれないけど、心の中でも好きな人に会えたら、それはそれで哲子は素敵だと思うわ。

またお会いしましょうね♪

ヨガ哲子

ダウンロードはこちらから

この記事を書いた人