ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

ヨガの知恵でズバッと解決 教えて!ヨガ哲子の部屋

本日のお悩み

「ちょっとだけ」と思いながらもお菓子を食べ始めたら、ついつい1箱(1袋)食べてしまったり…。途中で食べることを止められず、必要以上に食べ過ぎてしまいます。
どうすれば「ほどほど」で、やめられるでしょうか?

本日もご相談ありがとうございます。哲子です。あなたのお気持ち、よくわかります。実は哲子にも同じような経験があります。

ではそもそも「もっと食べたい」という気持ちはどこから出てくるのでしょう?言うまでもなく、カラダがその味、栄養素を求めているときには、「美味しい~」としみじみ感じるはず。

いきなり実践しようとしてもうまくはいかないかもしれません。
食べないようにするのが難しいときは、自分を責めずに美味しくいただききましょう。

いつものお菓子でも、お気に入りのお皿に盛りつけたり、窓の外の景色を眺めながら食べたりするのも良いですね。ぜひ自分を喜ばせる時間にしてみましょう。

少し余裕が出てきたら、カラダにとって多すぎる分は、他の人にお裾分けしましょう。他の人がそこにいなければ、明日の自分にお裾分けしてみてはいかがでしょう。

何事にもゆとり、余白をつくっておく。
そうすることで日々が快適になる。

このような工夫を、哲子は大切にしています。

本日のお言葉

「アパリグラハ」
不貧(アパリグラハ)が揺るぎないものとなったとき、
自らの生の原因と様態が余すところなく
照らしだされる。

ヨーガ・スートラ2章39節から抜粋

私たちは常に周りからあらゆるものをいただいて生きています。
水や空気、光、温度、食べ物など。

どれかひとつだけが異常に多くなると、バランスが崩れます。
必要以上に貪らない。大切なものこそ、控えめに。

またお会いしましょうね♪

ヨガ哲子

ダウンロードはこちらから

この記事を書いた人