ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

瞑想にも最適!心も安定する「安楽座」

日本人にもなじみが深いあぐらの姿勢は、ヨガのポーズにも含まれており「安楽座」と呼ばれています。
気持ちが安定するため、瞑想をするときにもよく用いられています。

【ポイント】
・かかとをカラダの中心で揃える
・坐骨を均等につけ、骨盤を真っすぐ立てる(自然と背筋が伸びる)
・肩の力をぬいて胸を開く
・手は楽な位置、または太ももの上

安楽座のポーズを行ってみて、骨盤が後傾したり、背中が丸まりやすい人は、おしりの下にクッションやタオルを敷いて、おしりを高くするとよいでしょう。

また、長時間続けていて骨盤まわりが痛くなる人は、事前にストレッチやヨガのポーズで骨盤周りをほぐしておくことをおすすめします。

優しく微笑みを浮かべている大仏様をイメージして行うと、気持ちにゆとりが生まれ、瞑想効果もぐっと深まります。

※アプローチ部位、サンスクリット語の読み方などは、ヨガポーズ一覧「安楽座」でご紹介しています。

レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人