ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

	編集部の見えない部分を見に行こう 月のうら側

「満たされること」は「足るを知ること」から

皆さん、こんにちは!YogaFull編集長の満月です。
ヨガの情報でいっぱいのサイトにしたいという想いから「YogaFull」という名前に決まったそのあとは、媒体のシンボルとなるロゴをどうするか。

ヨガは字のごとく「ヨガ」、「フル=Full」には、いっぱい、満ち足りたという意味が込められています。

この言葉を聞いて思い出すのは、ヨガの教えのひとつ、アシュタンガ(=八支則(はっしそく)のニヤマ(Niyama)/勧戒(日常生活で実践すべき5つの行い)のなかに、サントーシャ(Santosha)/満足、知足という教え。

シンプルにお伝えするとサントーシャとは、「足るを知る(今あるものに、常に満足をすること)、あるがままですでに完璧であること」を意味しています。

満たされるということは、何かプラスして補うのではなく、すでにあることを受け入れるということから始まります。その考え方に出会い、私の価値観は変わりました。そして、今でもとても大切にしている教えのひとつです。

求めること、プラスで得ることも、自分をハッピーにしてくれる大切な要素です。その感覚をより味わい、充実したものにしてくれる要素として、「今ここにあることに満足する」ということが、私なりのヨガであり、皆さんにおすそ分けしたいヨガの習慣でもあります。

お月様を眺めるような気分で訪れてほしい

そして「Full」という言葉がつく英語でいちばん最初に思い付いたのが「Full Moon(満月)」でした。

私たちは古来より、月を眺め楽しみ、心を穏やかにする習慣を持っています。そして、月が満ちて欠けていくように、変化し移ろう日々。その変化を受け入れながら、ヨガの知識と恩恵で、「調和のとれた毎日が送れますように」という想いを込めて、ロゴは月をモチーフにしました。

まるでお月様を眺めるように、このロゴを見るたびに、皆さんに平安で穏やかな気持ちになってもらえたら嬉しいです。

About YogaFullでもっと詳しく読む

24時間いつでも皆さんのそばにYogaFullを

YogaFull編集部には編集長の満月をはじめ、副編集長(新月)、企画・ディレクター・デザイナー・ライター(三日月・おぼろ月・十五夜・寝待月)などなど、たくさんの個性豊かなメンバーがそろっています。

皆さんと同じくヨガに興味があり、ヨガが好き。毎日の生活の中でいろんなことを経験し、カラダを動かしたり、瞑想したりしながら、ヨガを楽しんでいます。

もちろん人間なので、喜怒哀楽も時にはあります。

そんなとき、いつでもシンプルな自分、フラットな状態の自分に戻してくれるのが、ヨガであり瞑想です。

私たちYogaFullに関わる「ヨガが好き」な仲間が感じたヨガのことや伝えたいことを、なるべくシンプルに、そしてわかりやすくYogaFullを通して伝えてまいります。

これからもどうぞ、お楽しみに!

この記事を書いた人