ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

https://yogafull.jp/1345/年齢を重ねるごとにだんだんと下へ下へと、重力に引っ張られるように下半身やカラダのラインも気になってきますよね。あの頃に戻れなくても、少しカラダを引き締めたい…!と考えている方も多いはず。

今回は、年齢と共に落ちにくく緩みがちな、「重力に負けない下半身のスタイルアップを目指す!ヨガポーズ3選」をご紹介します。

キュッとくびれたウエストラインを目指す「プレイヤーズツイストのポーズ」

両手を合わせることでカラダの中心を意識しやすくなり、ウエストからカラダをねじることができます。ポーズが完成したら、しっかり呼吸を吐ききることがポイント。そこで肋骨を引き締める外腹斜筋が働いていきます。

プレイヤーズツイストのポーズの取り方

1:両手を腰に添え、右足を後ろに下げて膝をつき、左膝は90度になるように立てます。
2:息を吸いながら、右手を天井へ上げ、息を吐きながら上半身を前へ倒し、右手を左足外側に指先だけをつけます(カップハンズ)。
3:息を吸いながら両手を胸の前で合わせて背筋を伸ばします。
4:息を吐きながら、両手を合わせたまま右膝を床から離し、頭頂とかかとで引っ張り合いながらカラダをねじります。カラダの中心を意識し、ウエストからカラダをねじるイメージで!この姿勢を3呼吸キープし、反対側も同様に行います。
※椎間板や背骨と骨盤をつなぐ仙腸関節に痛みがある場合は痛みのない範囲で行い、生理中はお休みしましょう。

上向きヒップを目指すヨガポーズ「橋のポーズ」

両腕、足の裏で床をしっかりと押して、カラダをアーチ状にするポーズです。腕を外回しさせながら胸を開くと、腰に負担をかけずにカラダを支えやすくなります。

橋のポーズの取り方

1:床に仰向けになって両膝を立て、お尻から握りこぶし1つ分離れたところにかかとがくるようにし、両手は体側へ置きます。
2:息を吸いながらお尻を持ち上げます。
3:両手をお尻の下で組み合わせ、目線は天井へ。骨盤は床と平行に保ってお尻が下がらないように注意し、両腕でしっかりと床を押します。この姿勢を3呼吸キープしましょう。
※首や腰に痛みがある場合はお休みしましょう。

指先から足まで、すっと伸びた美脚を目指す「戦士のポーズⅢ」

左右の腰骨、両肩をそれぞれ水平に保ち、頭頂と上げた足のかかとで引っ張り合いながらバランスをとります。脚全体を引き締めつつ、集中力を高める効果も。

戦士のポーズⅢの取り方

1:両手を腰に添え、左脚を大きく一歩後ろへ下げ、右膝が右足首の真上になるくらいに踏み込みます。
2:息を吐きながら、体重を少しずつ右脚へ移動させ、上半身を前に倒しながら、左脚を付け根から床と平行になるまで上げましょう。左右の腰骨は水平に、おへそは真下に向けます。
3:息を吸いながら、両手を床と平行になるように前方へ上げます。指先と上げている方の足のかかとで引っ張り合いながら、一直線になるように意識します。目線は指先に向け、この姿勢を3呼吸キープし、反対側も同様に行います。
※膝や腰に痛みがある場合はお休みしましょう。

毎日コツコツと、下半身のスタイルアップを目指すヨガポーズを行っていきましょう!

【テンションもUP】これで安心。はじめてのヨガグッズ3アイテムをご紹介♪

初心者のヨガウェア選び。おさえておきたい服装の基本ポイント

Lapre(LAVAオンラインストア)
PR

【ビギナーから上級者まで】
ヨガウエアやアイテムがすぐ見つかる
ショッピングサイト
Lapre(LAVAオンラインストア)

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人