ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

皆様、こんにちは!ホットヨガスタジオLAVAのトップインストラクターとしてLAVAの店舗や、オンラインヨガUCHIYOGA+にて、ヨガのクラスを担当しています、元石卿子(もといしきょうこ)です。

秋が深まり、随分過ごしやすくなりましたね。

「スポーツの秋」という言葉の通り、カラダを動かすには最適なこの季節!
「ヨガのレッスンに通うのが、ますます楽しみ」と、いう方も多いはず。

そんな皆さんにご提案です!

この機会に、ヨガのポーズ練習のコツを押さえて、レッスンの質を向上してみませんか。

今回マスターするのは『脚の運び方』

え!?ポーズじゃないの?と、声が聞こえてきそうですが・・。ポーズを美しく行うことばかりが練習ではないのです。

むしろ、ポーズとポーズの間をつなぐカラダの運び方を追求することこそ、ヨガが深まる「通」な練習と言えます。

今回は、1つのレッスン時間の質をグレードアップさせる方法を、詳しくご説明していきます!

きっと皆さんにとっての新たな発見があるはず!

ヨガの「脚の運び方」 をマスターするメリット

皆さん、これまで受けてきたヨガのレッスンを思い出してみてください。

ポーズから次のポーズに移る際、四つんばいやダウンドッグの体勢から手と手の間に脚を置いて・・という誘導を聞いたことがありますよね。

皆さんは、脚の位置を移動させる際に、つま先を両手の指先と横並びになる場所まで1回で脚を運ばせることができていますか?

この動きを攻略するには、できるだけ足先を床から遠ざける(=脚をカラダに引き寄せる)必要がありますが、それには腹筋や股関節周辺の筋力が必要不可欠です。

ですが、ポーズとポーズの間の動作だからと、おざなりにしていたり、いつもこの脚の運びは1回ではできないし、と諦めたままでは、ヨガの深みを知ることはできません。

脚を引き寄せる動作においても、「今どのようにカラダを使っているか」と、繊細に意識を向けると、例え、ポーズ間の動きであっても、腹筋や腸腰筋等の筋力強化につながるというメリットがあります。

さらに、この動きを丁寧に行うことのメリットがもう1つ。

それは、集中力・呼吸のフロー感の維持です。

レッスン中、お客様のこの動きによぉ~く注目してみると、その後のポーズに気をとられて呼吸が止まっていたり、バタバタと急いで脚の位置を移動させていることがよくあります。

それまでの呼吸のペースが途切れたり、集中力を削ぐ原因になってしまいますよね。

ですが、脚の運び方を見直し、丁寧に行うことで、筋力と集中力アップを同時に叶えることができ、レッスンの時間を通して、よりヨガの良さを知る・感じることができるのです!

確実に丁寧に踏み出せる「脚の運び方」

単純な動作ですが、真剣に取り組むと、かなりの筋力と集中力が必要なこの動き。ではここから、脚を両手の間に一歩でつけるようになるための脚の運び方の練習方法をご紹介します!

■HOW TO

1.つま先を立てたチャイルドポーズの姿勢で、腕をできるだけ遠く前に伸ばす。
手は肩幅に開き、手のひら全体を床につける。
脚は腰幅に開き、股関節を引き込み、お尻はかかとの上につける。
この手と足の位置は変えずに、膝を伸ばしてダウンドッグの姿勢へ。

2.息を吸って、吐きながら重心を前に移動させて左膝を曲げ、左の二の腕に近づける。
この時、右つま先を高く上げて、手首の上に肩がくるあたりで、2呼吸キープする。

3.息を吸って、吐きながら左膝を右の二の腕に近づけ、2呼吸キープ。

4.息を吸って、吐きながら左膝を鼻先に向けて近づけ、3呼吸キープ。
右つま先を高く上げたまま、手首の上に肩がくる位置のままで行う。
息を吐く度に、左の太ももと下腹を近づけるように脚を引き寄せると、脚を遠くに置きやすくなりますよ!

5.手と手の間に視線を向けて、両手の指先とつま先が横並びになる場所に足を置く。
この時、両手の手のひら全体を必ずマットにつけたままで行う。

【TIPS】両手の間まで届かなかった場合

手の位置は変えずに、足を少しだけマットから浮かせて両手の間まで移動させ、どうしても足が浮かない場合は、つま先を動かしながら脚を手と手の間へ。
脚を入れ替えて、左右反対も同様に行う。

■ポイント
・手のひら全体を必ずマットにつけたまま行う。
・両手でマットを真下に押して、背中を丸める。
・脚の付け根から太ももを下腹に近づける。
・両手の間に脚を下す際、できるだけ音をたてないように静かに置く。

いかがでしたか?

このように丁寧に練習をすると、想像以上に難しく感じた方も多いのではないでしょうか。

派手なポーズや新しいメソッドについ目が向きがちですが、普段何気なくしている動きもひとつずつ丁寧に取り組むことで、発見や気づきが沢山ありますよね!

心とカラダを整える、自分のためのヨガの時間。

新しいポーズの挑戦だけでなく、これまでの練習の見直しにも目を向けながら、ヨガを深めてみてくださいね!

Lapre(LAVAオンラインストア)
PR

【ビギナーから上級者まで】
ヨガウエアやアイテムがすぐ見つかる
ショッピングサイト
Lapre(LAVAオンラインストア)

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人