ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

カラダの秘密発見!アナとミックのなるほど解剖学

Anna

Hi,ミック!過ごしやすい秋になったと思っていたら、アッという間に寒い季節になってきたわね。

Hi,アナ!本当だね。そんな日もしっかりカラダを動かして熱を作っているから、まだまだ寒さ知らずにトレーニングをしているよ!

Mick

Anna

Wow!さすがね、ミック。私も頑張らないと!

筋肉は天然の暖房器具!アナも今のうちから、しっかり筋肉を育てて、元気に冬を迎えよう!

Mick

Anna

Yes!頑張るって言いたいところなんだけど・・・・

浮かない顏してどうしたんだい?

Mick

Anna

最近、急に寒くなった日があったじゃない、その日から肩の強張りが取れなくて、肩コリになってしまったのよ・・・・。まだ私20代なのに・・

Oh!Dear。それはかわいそうだ。四十肩、五十肩なんていうけれど、現代では生活習慣病のひとつになっているくらい、多くの人が感じている痛みや疲労なんだよ。

Mick

Anna

肩コリなんてまだまだって思ったのに。パソコンやスマホを見ている時間が長くて。気温が高い時期はあまり気にならなかったのに、肩コリのせいか動くのもおっくうに感じてしまうの。なんで寒いと肩コリになってしまうの?

寒いと思わず、首を縮めてギュっと肩が強張る体勢にならないかい?

Mick

Anna

ええ、そうね。

その状態のままでいると、肩回りの筋肉が固まってしまい、肩回りの動きが悪くなって、肩コリと呼ばれる状態になるんだよ。

Mick

Anna

じゃあ、肩回りの動きを取り戻せれば、肩コリも解消されるのね!

Yes!さすが、アナ。勘が冴えているね!でも肩コリ解消を目指すなら、まずは肩回りの筋肉が多くついている肩甲骨の動きを取り戻すといいよ!

Mick

Anna

肩甲骨?普段あまり意識しないけど、背中にある天使の羽みたいな骨よね?

そう、背中にくっついている三角の骨だね。

Mick

Anna

背中にある肩甲骨を動かすってどうやって動かすの?教えてミック!

OK!まずは、肩甲骨を上げる【挙上】と下げる【下制】をやってみよう!!

Mick

Anna

この肩コリを解消するために頑張るわ!

その意気だ!肩コリ解消に効果的な肩甲骨の3つの動かし方を教えるね!じゃあ、まずは、1つ目、タダーサナ(山のポーズ)で力を抜いて立ち、腕をぶら下げよう。そこから、肩と耳をくっつけるように肩をすくめていくと【挙上】という動きだよ。

Mick

Anna

あぁ、なんだか息苦しい位置ね。

そうだね、首が短くなるから呼吸がしずらく苦しいかもね。
じゃあ、次は反対の動き、【下制】肩先を床の方にだらんと下げて首を長くしていこう。

Mick

Anna

肩の緊張がとけて、なんだか背骨が伸びたような気がする!

いい感じだよ、アナ!じゃあ、2つ目。今度は肩甲骨を背骨に寄せる【内転】と背骨から離していく【外転】をやってみようか!

Mick

Anna

OK!まずは肩甲骨を背骨に寄せる【内転】ね!肩甲骨をどうやって背骨に近づけたらいいの?

タダーサナのまま、肩先を真後ろに引こうとすると背中の中心に肩甲骨同士が寄っていくのは感じられるかな?

Mick

Anna

ええ!胸も広がって気持ちのいい姿勢ね!

Good!じゃあ、次は逆の動き、背骨から肩甲骨を離していく【外転】をやってみよう。

Mick

Anna

今度はくっつけていた肩甲骨同士を離していけばいいのね。

Yes!キャット&カウのキャットの時のように、背中が少し丸まるくらい思い切って広げてみて。

Mick

Anna

肩が少し前側にくるけど、背中が広がってきたわ!
なんだか最初はぎこちなかった肩甲骨の動きが、だんだん肋骨の周りをスルスル滑り出したみたい!

Good!アナ。とってもいい感覚だよ!このまま、どんどん肩甲骨の動きを取り戻そう!

Mick

Anna

まだまだ動きを取り戻せるのね!嬉しい!!

そう、そして最後に3つ目。肩甲骨には肩甲骨を回し上げる【上方回旋】と回し下げる【下方回旋】という動きがまだあるんだよ。

Mick

Anna

Wow! 肩甲骨って色々な動きがあるのね!知らなかったわ!【上方回旋】と【下方回旋】はどうやって動かせばいいの?

まずは肩の力を抜いて、リラックスしてタダーサナ(山のポーズ)になろう。

Mick

Anna

OK、できたわよ!

そこから腕を横から大きく回し上げるようにして天井まで腕を持ち上げてみて!その時に肩甲骨の先っぽ下角のところに意識を置くと、外側に回りながら上がっていくのが感じられるかな?

Mick

Anna

Yes!感じることができたわ!

Good!そうしたら今度は、今来た道を戻ってこよう。天井から横を通って体側に腕を下ろそう。そうすると、今度は下角が内側に回りながら下りてくるのを感じられるはずさ!

Mick

Anna

ええ、感じることができた!
肩甲骨ってこんなにたくさんの動きが作れたのね、ビックリしたわ!!

肩が凝ったなと思ったら、今日やった3つの動き、上下・前後・回旋と動きをやってみると、きっと肩が軽くなるよ。

Mick

Anna

本当ね!さっきよりも、肩甲骨がスムーズに動いて肩が軽くなったわ!

それはヨカッタ!

Mick

Anna

それにね、肩甲骨を動かしただけなのに、なんだかポカポカしてきてるの!

背中についている、たくさんの筋肉を動かしたら熱が生まれたんだね!寒い日にもぜひ、やってみるといいよ!

Mick

Anna

Yes!そうする。今日もありがとう、ミック!

どういたしまして。今年もお互い元気に冬を迎えよう!See You、アナ。

Mick

Anna

ええそうね。See You、ミック!

姿勢が良いと疲れにくい?姿勢リセットに最適なヨガポーズ4選

【PR】『アナとミックのなるほど解剖学』連載中のインストラクターからヨガを学ぼう!

▼体験レッスン・オンライン説明会受付中
ヨガスクール FIRSTSHIP

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

登場人物の紹介

AnnaAnna
骨格の違いや解剖学に興味を持ち始め、友人でもあり、パーソナルトレーナーでもあるミックに、あれこれ質問をしながら知識を深めている。趣味は雪だるま作り。プロフィールを詳しく見る
MickMick
人のカラダの不調や、ゆがみを改善することが最大のよろこびであるパーソナルトレーナー。多種多様な植物達に囲まれた、自分のトレーニングスタジオをオープンさせることが夢。プロフィールを詳しく見る
この記事を書いた人