ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

心とカラダの巡りを整える 羅さんの未病予防ってなぁに?

皆さん、こんにちは。「羅さんの未病予防ってなぁに?」東洋医学普及活動家の羅予澤(らよく)です。

東洋医学の考え方をもとに、未病予防や体質改善について皆さんにさまざまな事例を交えてご紹介していきますね。

~小さな生姜の、大きいな役割~

数千年前から漢方の生薬として活用されている生姜は、現在も日本の食文化に深く根付き、多くの人々に愛用されている食材です。

現代の研究によると、生姜を乾燥または加熱することにより、その主成分であるジンゲロールからショウガオールとジンゲロンなどの成分が発生することがわかりました。

【生姜に含まれる成分と作用】
ジンゲロール・・・免疫力アップ、殺菌効果、吐き気や鎮痛効果
ショウガオール・・・発熱効果、血行促進
ジンゲロン・・・代謝促進、血行促進、脂肪分解など

もちろん、古代の先賢たちは生姜の成分や効能を、現代の私たちのように科学的に知らずとも、これらの効果をちゃんと認識し、生姜を活用してきました。

例えば、日本人はお寿司を食べる時に、必ず生姜を一緒に食べます。

これは、生姜の殺菌作用により、魚介類の毒素からカラダを守るためだけでなく、カラダを温め、寒性の魚介類を食べることによるカラダの冷えを、最小限に食い止める生姜の働きを認識しているからこそです。

漢方の生薬として使用されている生姜には「生姜(しょうが)」、「乾姜(かんきょう)」、「炮姜(ほうきょう)」と、3種類があります。

それぞれの生姜について違いを説明しますね。

■生姜(しょうが)

【内容】新鮮な生姜のこと。
【効果効能】・・・発汗解熱、吐気止め、咳止め、解毒などの効果があり、特に、吐気止めの特効薬として名高く、また、発熱、頭痛、鼻づまり、吐気、咳、下痢などの風邪症状への効き目のほか、他の生薬や魚介類への解毒にも欠かせない存在です。

■乾姜(かんきょう)

【内容】蒸してから乾燥した生姜のこと。
※数年前、健康番組で紹介され「ウルトラしょうが」として、有名になっています。
【効果効能】・・・生姜を乾燥させるとジンゲロールの一部がショウガオールという別の成分に変化し、胃腸の壁を直接刺激して血流を高め、カラダの深部の熱を作り出す働きがあります。

■炮姜(ほうきょう)

【内容】少し焦げて黒くなるまで炒めた乾姜のこと。
【効果効能】・・・カラダを温める早さは乾姜ほどではないものの、その持久性は優れており、止血、鎮痛、下痢止めの効果も抜群です。

手のひらに収まるほど小さな生姜ですが、私たちのカラダに与える影響は、ものすごく大きく、我々の生活にこれほど役立つ生姜の使い方をよく知らないと損ですね。

~生姜のさまざまな用途~

それではここで、先賢たちの知恵をまとめ、現在の私たちの生活に活かす、生姜の活用法をいくつかご紹介します。

◎初期の風邪
材料・・・生姜(3~4切れ)+黒糖(大さじ半分)+水(適量)
処方・・・沸騰させ、そのスープを1日2~3回飲む

◎咳に伴う初期の風邪
材料・・・生姜(3~4切れ)+ニンニク(7~8切れ)+黒糖(大さじ半分)+水(適量)
処方・・・沸騰させ、そのスープを1日2~3回飲む

◎発熱に伴う初期の風邪
材料・・・生姜(3~4切れ)+白ネギ(1本)+黒糖(大さじ半分)+水(適量)
処方・・・沸騰させ、そのスープを1日2~3回飲む

◎過食による腹部の膨満感
材料・・・生姜の汁
処方・・・生姜の汁を薄めた水を飲む

◎お腹の冷えによる下痢
材料・・・生姜(3~4切れ)+水(適量)
処方・・・沸騰させ、生卵(1個)を溶かして飲む

◎消化不良、食欲不振
材料・・・生姜(3~4切れ)+ナツメ(3個)
処方・・・沸騰させ、お茶代わりに1日2~3回飲む

◎長時間冷房によるカラダの冷えと頭痛(脹痛、張ったような痛み)
材料・・・生姜のスライス(1枚)
処方・・・口に含む、あるいは生姜(3~4切れ)にお湯を注いて飲む

◎口内炎、歯周病、口臭
材料・・・生姜のスライス(1枚)
処方・・・口に含む、あるいは生姜(3~4切れ)にお湯を注いて口を漱ぐ

◎咽喉の脹れと痛み
材料・・・生姜(3~4切れ)
処方・・・お湯を注いで、お茶代わりに飲む

◎妊娠中のつわり
材料・・・生姜のスライス(1枚)
処方・・・口に含む

◎二日酔い
材料・・・生姜(3~4切れ)+水(適量)
処方・・・沸騰させ、お茶代わりに1日2~3回飲む

◎生理痛
材料・・・生姜(3~4切れ)+サンザシ(2~3個)+黒糖(大さじ半分)+水(適量)
処方・・・沸騰させ、お茶代わりに1日2~3回飲む

◎しもやけ(出血する前)
材料・・・沸騰した生姜水
処方・・・手湯・足湯をする

◎腋臭(ワキガ)
材料・・・生姜のスライス(1枚)
処方・・・毎日、腋を拭く

◎胆結石、腎結石
材料・・・生姜のスライス(1枚)
処方・・・毎朝、口に含む

スーパーに生姜を買いに行ってはじめるのも、冷蔵庫の中に、使いきれず残っている生姜からはじめるもよし。

食べるのはもちろん、ちょっと体調が芳しくない時の万能薬としても、大変便利な「生姜」。ぜひ、未病予防として取り入れてみてくださいね。

次回は、「夏バテの名物」についてお話しします。

お楽しみに♪

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
【未病予防は賢い人の選択】
元気だったあなたをまた取り戻せたら
完全予約制 女性専用
未病予防サロン「未病のキセキ」

▼詳細・ご予約はこちら
未病のキセキ
◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 

【PR】LAVA オンラインストア Lapreでも販売中
羅さん監修!黒ごま、はちみつの完全無添加栄養食品
大切な自分と愛する人へ
太陽のエネルギーをいっぱい

▼詳細・お買い求めはこちらから
天地精華 九蒸九乾 九制珠(きゅうせいしゅ)

PR

■東洋医学普及活動家・
羅予澤が技術監督■
経絡養生師による未病予防なら
専用サロン 未病のキセキ(気施技)

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人